スキルアップ、年収アップをご希望の医師の皆さんをサポート

脳神経外科の採用ニーズを的確に把握して、希望条件に合った医療機関を見つけましょう!

アルバイトも多い診療科といえます

「症例数が豊富な病院で、専門スキルに磨きをかけたい」、「勤務時間に比べて給与に不満があるので、年収アップを実現したい」、「年中オンコール体制なので、家族と過ごせる時間が少ない。プライベートの時間が持てる医療機関を希望している」、「リハビリテーション科へ転科したい」など、脳神経外科の医師の皆さんが転職をお考えになる理由はさまざまです。

また、「空いた時間を有効活用したい」、「将来の開業に備えて資金作りの一環にしたい」、「出産・育児の関係でワークライフバランスを実現するにはこの働き方しかない」などの理由で、非常勤(アルバイト)の求人情報をお探しの方も少なくないのではないでしょうか。

2004年度に新医師臨床研修制度が導入されて以降、外科志望の若手医師は減少傾向にありますが、なかでも脳神経外科の分野はその傾向が顕著となっています。そのため、下のグラフの数字が示すように、臨床現場で求められている脳神経外科医は常勤医で約1,000人も不足しています。この数字は、「福島県立大野病院事件」以降、その訴訟リスクと苛酷な労働環境から敬遠され、医師が最も不足しているとされる産科の不足人数とほぼ同じです。すなわち、脳神経外科における医師不足はそれほど深刻だということにほかなりません。

常勤医の必要数5,920人に対し、現役は4,970人

加齢に伴う循環器疾患は今後更なる増加が予想されるため、医療機関は脳神経外科医を確保することで、救急における脳卒中などに対応し、患者数と入院収益の増加を図りたいと考えています。また、専門外来や脳ドック、小規模病院・クリニックでの需要に加え、近年は急性期病院の機能分化や平均在院日数の短縮化、術後の患者の対応・亜急性期治療の重要性から、リハビリ医としての需要も高まってきています。

したがって、「需要」と「供給」と観点から見れば、現在は明らかな売り手市場であり、転職を希望する場合、前職よりも高い年収で採用される傾向にありますし、年間休日数やオンコール体制の配慮など、有利な勤務形態を提示されることも少なくありません。平均給与を見てみると、全国ほとんどの地域で外科系の平均を上回っていますが、なかでも人口10万人あたりの医師数が少ない北関東地域(栃木県・茨城県・群馬県)は高い水準を示しています。

若手の方で「症例経験を数多く積みたい」とご希望の場合、この分野に進んだ同年代の医師はかなり少数ですので、指導体制が整った医療機関を見つけることができれば、多くの症例を経験して、専門スキル(クリッピング術、コイル塞栓術、バイパス術、ステント留置術など)に磨きをかけることも可能です。

ただ、手術を中心としたスペシャリストを目指すのか、幅広くプライマリ診療を行いたいのか、あるいはリハビリ医を目指すのかによって、進むべき道が大きく変わりますので、今後のキャリアプランを今一度しっかりと考えることが重要です。

また、医療機関の立地や患者層によって異なるスキルや経験のニーズ、経営トップの考え方、あるいは職場の雰囲気、募集の背景、離職率などを把握せずに早急な転職活動をおこなってしまうと、入職後に「こんなはずでは…」ということになりかねません。

本サイトでは、脳神経外科の分野における採用ニーズ、お一人での転職活動では知ることのできない医療機関の情報(検査・手術・症状の詳細、スタッフの雰囲気、他の医師の体制、離職率など)の提供を行い、先方との条件(給与・勤務形態)交渉を代行してくれる転職エージェントの活用方法などを紹介します。ご多忙な先生の新天地探しの一助になれば幸いです。
【対応部門】脳神経外科、リハビリテーション科、脳卒中センター、SCU(脳卒中ケアユニット)、脳ドックの求人

リクルートドクターズキャリア エムスリーキャリアエージェント

人材紹介の最大手「リクルート」グループが運営するサービスで、常勤・非常勤(アルバイト)の科目別求人数は業界最大級となっています。専任のコンサルタントが、履歴書の作成代行から面接日程の調整、条件交渉、面接へのご同行までを徹底サポートします。

公式サイトで詳細を見る


20万人以上の医師が登録している「m3.com」グループのサービスです。病院長、在籍医師との直接面談、病院見学、労働条件(給与・待遇)等の調整・交渉はコンサルタントがサポートいたします! 関東の約40%の病院の求人情報を常時保有しており、首都圏に強いのが特徴です。

公式サイトで詳細を見る

 
Copyright (C) 2015 脳神経外科の医師(常勤・非常勤)求人・転職ガイド All Rights Reserved.