脳神経外科の医師(常勤・非常勤)求人ガイド

非公開の案件数は医療機関との太いパイプを示すバロメーターになります

年収2000万〜のハイクラスの募集も多い

医療系の転職支援サイトを見ていると、脳神経外科の求人に限らず、「当サイトでは非公開求人が全体の○×%を占めています」、「○×件の非公開・匿名求人をご用意しています」などの文章を必ずといっていいほど目にすると思います。

非公開求人は、その転職支援サイトに会員登録した医師だけが、紹介を受けることができる案件のことをいいますが、医療機関が求めている医師を紹介し、無事に入職に至った時点で「紹介料」を受け取るビジネスモデルで成り立っている転職支援サイトが、わざわざサイト訪問者に求人を見せない(非公開)のはどういった理由からでしょうか?

第一の理由としては、突発的に生じた欠員を補う必要があるため、通常の求人サイトや「日経メディカル」などの専門誌に募集広告を掲載する時間的な余裕がない場合があります。こうした場合、既に会員登録を済ませて、そのご経験・スキル・希望条件が把握できている方のみに紹介するのが、一番スピーディーかつ、経済的にも効率よく採用に繋げることができます。

次に考えられるのが、「高名な指導医がいる」、「診療科の平均年収よりもかなり高い金額が提示されている」、「新規開院・リニューアル・新築移転予定の医療機関」など、応募の殺到が予想される案件です。煩雑な業務に追われる医療機関が自前で全ての応募者の選考を行うとなると、採用担当者の多忙さははかり知れません。そこで、転職支援サイトに依頼して、医療機関が提示する条件にマッチした医師の絞込みを行ってもらうというわけです。

また、医療機関と応募者の間で、通常の採用に比べてより綿密な話し合い、条件の磨り合わせが必要な院長、副院長、センター長、部長職などの役職求人も一般に公開されることはあまりありません。

そのほかでは、同じ地域で競合関係にある医療機関、関連する大学医局に知られることなく、水面下で採用活動を行いたいという思惑が背景にある場合も考えられます。

ネット上で気軽に閲覧できる一般の案件に加えて、非公開の案件がプラスされれば、先生の条件にあった求人が見つかる可能性はさらに高まります。「以前から興味があった○×病院の脳神経外科に知り合いの医師が転職したらしいけど、あの病院って求人募集をしてた? 自分も近々転職を考えているので、大手のサイトはマメにチェックしてたんだが…。」と、せっかくのチャンスを逃してしまっては非常にもったないです。

医療機関は「あの会社のエージェントはこちらの経営方針や各診療科の強み、求める医師像をよく理解してくれている。紹介してもらう医師は、経験、スキルとも常に申し分ない。」と、これまで培った信頼関係に基づいて、高待遇&レアな案件が多い非公開求人を依頼しています。

したがって、非公開求人の件数が多い会社は、それだけ医療機関の信頼が厚く、その医療機関の経営方針、各診療科の強み、職場の雰囲気、離職率なども細かく把握しているといえますので、「どのサイトも似たような感じだなぁ」と、転職支援サイト選びに迷っている方は、非公開求人の多さを基準の一つとしてみるのもよいでしょう。

リクルートドクターズキャリア エムスリーキャリアエージェント

人材紹介の最大手「リクルート」グループが運営するサービスで、常勤・非常勤(アルバイト)の科目別求人数は業界最大級となっています。専任のコンサルタントが、履歴書の作成代行から面接日程の調整、条件交渉、面接へのご同行までを徹底サポートします。

公式サイトで詳細を見る


20万人以上の医師が登録している「m3.com」グループのサービスです。病院長、在籍医師との直接面談、病院見学、労働条件(給与・待遇)等の調整・交渉はコンサルタントがサポートいたします! 関東の約40%の病院の求人情報を常時保有しており、首都圏に強いのが特徴です。

公式サイトで詳細を見る

 
Copyright (C) 2015 脳神経外科の医師(常勤・非常勤)求人・転職ガイド All Rights Reserved.